So-net無料ブログ作成

ついに出た!オダモン61kg!!! [マグロデンタルクリニック]

どうもご無沙汰しております。

2019年小田原沖に通称、小田原モンスターと呼ばれる
40,50,60オーバーと、近年まれに見る大型の釣果が多数報告されております。

ちょうど私はインプラント学会の真っ最中で福岡に滞在中でした。

台風にて欠航便のアナウンスがされるさなか運良く横須賀に戻ってまいりました。

秀吉丸の船長より、多くの人が今までの常識を覆され瞬殺やハリス切れ、なかなか大型が船に入らないということを告げられ、仕掛けの再検討を提案され、皆様の意見を参考にさせていただき、
1号船に乗り込み突撃してまいりました。

とにかく背びれが長ーーーく伸びた大型のキハダを釣るチャンスは今しかない!

そんな思いでした。

モンスターキハダを仕留めるには私のアルテクノス12cではラインキャパ的に少し厳しいかと思いつつも、今まで培ってきた経験を元に、初期ドラグ値6kg半分締めて12kg、フルロックで締めて糸が出きった時点で18kgくらいになるように調整を行い、オッズポート8号250mのラインでどこまで戦えるか?
頭の中でシュミレーションを何度も行いました。

瞬殺が多発しているとのことでしたが、最初のあたりで確実にフッキングさえすれば飲まれ切れは少なくなるというコンセプトで現在のタックルになったわけですが、そもそも40オーバーのマグロとファイトした経験はありません、ここは船長のアドバイス通り、ハリスとハリの選定をしました。

終盤戦のいつものように流し釣りのスタイルでのコマセワークと棚取りを行っていると

ココン!

前アタリが来たので、思いっきり合わせを入れます。

指示棚50m

いつもより少し多めに走り30mくらい出される

一旦キーパーにかけTバー装着

まだ止まっているので、そのまま巻き上げ開始

ここまではいつもと一緒

しかし程なくして一気に走り出す!

勢い、パワー、今まで経験したことのない走り、ワンダッシュで100m近くラインを出されました!

この時点で、残りライン100m弱、ドラグを限界まで締めて巻取りにかかるが

更に糸を出されラスト10mのブルーが見え始める!

なんとか必死に50m回収するが、すでにかなりクタクタな状態

一旦キーパーにかけ手袋を装着して再びファイトするが、だいぶ体力を消耗してしまいヘロヘロになりながら回収し続ける、マックスまで締め上げたドラグのおかげで持ちこたえるのは、かなりしんどいが
大きくラインを出されることはなくなった、それでもジリジリと糸を出す場面もある。

7年前に初めて31kgを釣ったときもこんな感覚だっただろうか。。。

魚が回り始めた感じもストロークが大きく、その重さゆえ、竿が曲がるがびくともしない。

残り50mの時点では、かなりくたくたになりつつも、根気でなんとかリーダーまで巻き上げた。

リーダーが見えた時点ですぐさま海舟船長に手繰ってーーーとお願いしてしまった。

もう力がない、あとは海舟船長に頼むしかなかった。

1時間弱ファイトしただろうか?

同船していた皆さんの手助けもあり、なんとかここまでこれた。

モンスターは長い背びれを、うなびかせゆっくりと浮上してきた。

タモ網には入らない、常連のお二方がギャフを入れてくださり見事モンスターを船に入れてくれた!

序盤で船長がサメよけの海園も装着してくれたおかげで、時間がかかったもののサメ被害はなかった。

モンスターを獲るなら今しかない!

そんな思いで相模湾に通うマグロハンターの方たちがたくさんいると思います!

私もその一人です。

船長や、当日同船いただいた皆様、いつも港でお声掛けくださる皆様!

お陰様で記録級の魚が捕れました!

十数年前にカツオ釣りを始めた頃の自分には想像もできないほどの魚です!

本当にありがとうございました!

さらなる大物がまだ相模湾にはたくさん潜んでいると思います。

70オーバーの出現も時間の問題なのかな?

You Tubeリンク
https://www.youtube.com/watch?v=ACTBw59foKI

ロッド アリゲーター ギル オンスロート 12−160
リール アルテクノス12c CCMソルトワークス
ライン ヨツアミ オッズポート 8号
ハリス プレミアム万鮪 26号 10m
ハリ  ウルアDX 18号 ケイムラピンク

IMG_1477.jpeg




nice!(0) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。